お口の状態から調べる

りんご歯科クリニック HOME  >  お口の状態から調べる

患者様への5つのお約束

  • 1不安のない納得の治療をご提供。
  • 2治療前後のケアを徹底。
  • 3チーム医療で万全の治療体制。
  • 4難症例も最新医療・技術でご対応。
  • 5治療後も安心の10年保証。
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 歯医者さんネット
    友だち追加数

インプラント治療が必要な症状とは

ひと言で「インプラント治療」といっても、インプラントを使用した治療にはさまざまな方法があります。当院では、各患者様のお口の状態に合い、かつ最良の結果を導き出せる方法を選択しています。

しかし、手術を受けられる患者様の立場からすると、「自分の症状だとどのような治療をするのか」ということが気がかりなのではないでしょうか。

そこで、このページでは、インプラント治療を必要とされる方によく見られる症状をいくつかご紹介し、お口の状態からどのようなインプラント治療を行なうのかを調べられるようにしました。

こちらに掲載しているのはあくまでも一例ですので、「自分と同じ症状が出ていない」「症状は同じだけれど他の方法も知りたい」など、ご不明な点や疑問がございましたらお気軽にご相談ください。

  • 症例1 奥歯を1本失った
  • 症例2 奥歯を2本失った
  • 症例3 奥歯3本のブリッジを支える歯が抜歯になった
  • 症例4 総入れ歯が合わなくなり、見た目も気になっていた
  • 症例5 前に治療した歯の根元が黒くなっていた
  • 症例6 歯周病によって歯が抜け落ちてしまった

症例1奥歯を1本失った

奥歯を1本失った場合によく行なわれるのは『ブリッジ』という治療で、両隣の歯を削って土台をつくり、橋渡しをするように人工の歯を入れる方法です。両隣の2本の歯は、健康であっても削る必要があります。
しかしインプラント治療であれば、健康な歯を削ることなく、天然歯同様の外見と咀しゃく力(噛む力)を取り戻すことができます。

症例2奥歯を2本失った

奥歯を失った場合、一般的にブリッジで使う人工歯は金属です。金属は丈夫ですが、審美性に劣ります。
また、入れ歯は天然歯に比べて咀しゃく力が大幅に劣るので、奥歯でしっかり噛むことが難しくなる場合があります。クラスプ(金属の留め具)をかける隣の歯にも負担がかかってしまいます。

症例3奥歯3本のブリッジを支える歯が抜歯になった

保険診療の入れ歯やブリッジの場合、支えていた周囲の歯に負担をかけ、その歯を失ってなってしまうこともあります。これ以上失う歯を増やさないため、保険診療からインプラントに変更する方もおられます。

症例4総入れ歯が合わなくなり、見た目も気になっていた

「噛みにくい」「がたつく」「外れやすい」「ピンク色の部分の外見が気に入らない」など、総入れ歯に関する悩みを持つ方は多いようです。これらの悩みを解消するためにインプラントに変更する方もおられます。

症例5前に治療した歯の根元が黒くなっていた

アバットメント(インプラントと人工歯の接続部分)は一般的にはチタン製ですが、ジルコニア製の白いものも登場したことで、インプラントの審美性がより向上しました。非金属なので、金属アレルギーの方も安心です。

症例6歯周病によって歯が抜け落ちてしまった

歯周病は歯と歯茎の間の溝に細菌が繁殖し歯周組織を破壊してしまう病気です。さらに自覚症状が出始めた時には既に病状は進行してしまっている場合が多く、最悪の場合歯が抜けてしまうことになります。
しかし歯が抜けてしまうような場合でも一度歯茎をしっかりと治療したうえで、インプラント治療によって、再びしっかりと噛むことができるようになります。
歯周病からのインプラントについて詳しく知りたい方は「歯周病からのインプラント治療ガイド」をご覧ください。

りんご歯科クリニック 歯周病予防からのインプラント治療ガイド