医院紹介

りんご歯科クリニック HOME  >  医院紹介

患者様への5つのお約束

  • 1不安のない納得の治療をご提供。
  • 2治療前後のケアを徹底。
  • 3チーム医療で万全の治療体制。
  • 4難症例も最新医療・技術でご対応。
  • 5治療後も安心の10年保証。
  • 患者様の声
  • ブログ
  • 歯医者さんネット
    友だち追加数

最新の医療設備

安全なインプラント治療を提供するためには、高性能な医療設備が欠かせません。
当クリニックでは、手術室やCTはもちろん、レーザーから滅菌器に至るまで最新技術を駆使したシステムを導入し、患者様に安心していただける治療をご提供しています。

歯科用CT~放射線量を抑え、体にやさしい設計~

コンピューターでの断層撮影(体の断面を撮影すること)およびそれを行なう機器です。

体の周囲からX線を照射して撮影し、コンピューターによるデータ処理や画像再構成を行ない、立体画像や断面図を作成できます。その高度な性能は、歯科治療において大きな役割を果たしています。

<歯科用CTの特徴>
見えなかったものが見える
従来のパノラマレントゲン撮影では二次元(縦・横)の平面的な情報しか得られませんでしたが、歯科用CTを使用することで三次元(縦・横・奥行)の立体的な情報を得られるようになりました。顎の内部構造なども、はっきり見ることができます。
分からなかったことが分かる
平面的なパノラマレントゲン撮影では得られなかった神経や血管の走行位置、骨の厚みなどの立体的で精密な情報が得られます。
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥の空洞)の形態や粘膜の状態、病巣の有無などを立体画像で確認できます。
治療の安全性・確実性が広がる
インプラントだけでなく、根管治療、親知らずの抜歯、矯正歯科治療など、歯科治療に幅広く使用することができ、より精密な検査・診断が可能になりました。
そのため、安全性の高い治療を患者様にご提供することが可能です。

インプラント手術室~衛生面・専用設備を整えた最適な環境~

インプラント治療は外科手術をともなうため、一般的な歯科治療より感染リスクが高くなります。

手術を成功させるためには、感染などの心配がないよう、衛生環境の整った専用の場所で行なう必要があります。

従来の歯科医院においては、開放的な空間に診療ユニット(椅子や周辺機材)を複数台並べているのが一般的でした。

しかし、そのような状態で手術を行なうと、治療中に飛び散る粉塵などで交差感染(病原微生物が病人から直接、または器具などを介して間接的に他の人に感染する)危険性があります。

そのため、当クリニックではインプラント専用の手術室を完備しています。
器具はもちろん空調にいたるまで徹底的に衛生管理にこだわった感染予防対策を行なっているので、ご安心ください。

メリット

独立した手術室のため感染症のリスクを軽減

静かな環境下での治療により集中した精度の高い治療をご提供

無影灯~安全で正確な治療を可能に~

患者様の安全を第一に考え、術野をしっかりと見るために、手元を明るく照らす無影灯を採用しています。

適切な光の下で高精度な治療を行なうことはもちろん、目や体の疲労防止にもつながり、より安全なインプラント手術を行うことが可能です。

メリット

患部に影ができず、精度の高い治療が可能

光の熱も考慮されているため熱さを感じません

口腔外バキューム~感染症を防ぐための治療環境~

歯を削るときは、水や血液、目に見えないほどの細かな粉塵などが飛び散り、空気中に浮遊します。

これらが患者様の顔にかかったり肺に吸い込まれたりした場合、感染症などを引き起こす可能性があります。
そのようなことを防ぐために、当クリニックでは吸引器を導入し、徹底的な感染予防対策を行なっています。

強い集塵効果で治療時の粉塵や飛沫を瞬時に捕集し、常に室内を清潔な状態に保っています。

メリット

飛散する粉塵を抑え、衛生な環境を実現

粉塵を吸い込む等、不快感を軽減

クラスB滅菌器~1つ上の衛生環境を実現~

器具を通じての感染を防止するためにも、滅菌器は高品質で信頼できるものでなければなりません。

当クリニックでは、ヨーロッパ基準のドイツMELAG(メラグ)社製のクラスBの滅菌器を使用し、患者様ごとに器具の洗浄・消毒を行なっています。

多くの歯科医院で「オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)」「超音波洗浄器」「薬液滅菌(デントハイド)」などの滅菌機が使用されています。
しかしこれだけの設備では、きちんとした滅菌が可能なのは基本セットや外科器具などに限られてしまいます。もし、感染症を患っている方をそれと知らずに治療し、その器具を十分に滅菌できていなかったら、次にその器具を使用する患者様に感染するおそれが出てきてしまいます。

それにもかかわらず、日本の民間医療機関でのクラスB滅菌器の導入率はわずか2%程度といわれています。
ヨーロッパ諸国では、このクラスBの滅菌器を導入しなければ歯科治療を行うことができません。

当クリニックで使用しているクラスBの滅菌器は、滅菌前に真空と蒸気の注入を繰り返すことで残留空気を抜き、蒸気を細部まで行き渡らせる方法で滅菌が行なわれますが、従来の歯科医院で使用されている滅菌器よりも滅菌の工程がさらに厳しく、『あらゆる種類の被滅菌物を完全に滅菌することが可能』といわれています。

なお、感染している患者様を見分けることは容易ではないため、唾液・粘膜・血液などに接する可能性がある場合、すべての患者様を対象に行なう予防対策である『スタンダードプリコーション』を採用しています。

メリット

国内でも数少ない、滅菌効果の高いクラスBを使用

感染症などを防ぐ方法

レーザー~治療の痛みを抑え、早期回復を促します~

当クリニックでは、炭酸ガスレーザーを使用しています。
患者様に熱や痛みを感じさせないようにコントロールして使うことのできる装置です。

虫歯や歯周病、口内炎、知覚過敏症などの治療をはじめ、軟組織の治癒促進や2次手術時の切開など外科処置に使用します。メスを使用せずに切開できるため、出血がなく、ほとんど腫れません。

メリット

メスを使用するよりも出血を抑えらる

高い消炎効果が期待できるため早期の回復が見込める

ガイデッド・サージェリー(ストローマンガイド)

ガイデッド・サージェリー(Guided Surgery)は、インプラント治療においてより高い予測性と確実性を提供することを目的とし、安全性を更に向上させた手術方法です。

まず目標とする装置の最終ゴールを想定し、想定した結果を得られるよう、インプラントの埋入位置・方向・本数を決めてから埋入手術などを行なうことにより、仕上がりの審美性予測が可能となり、患者様の満足度向上へとつながります。

<ストローマンガイドを使用した治療の流れ>
Step.1
歯科用CTで撮影を行ない、得られたデータを基にノーベルガイドというシミュレーションソフトを用いて、シミュレーションを行ないます。
Step.2
そのデータから、手術用のテンプレートを製作します。
Step.3
テンプレートを装着して手術することにより、従来の半分以下の時間でインプラント埋入が完了します。
ガイデッド・サージェリーを用いることで従来より安全な手術が可能となり、さらに手術時間も短縮されるので患者様の負担が少なくなります。

院内紹介

受付

患者様を笑顔でお迎えします。ご不明なことなどがありましたら、お気軽にお声掛けください。

待合室

白とピンクを基調とした明るく清潔な待合室です。毎週届くお花がポイントです。

治療室

7台のユニットの間は十分なスペースを確保し、プライバシーに配慮しています。

レストルーム

気持ち良くご利用いただけるよう、いつも清潔に保っています。ウォーターサーバーがありますのでご利用ください。